福岡の海調査隊@博多港☆

海と日本PROJECT in ふくおか

クルーズ船の寄港回数、3年連続日本一!🎊🎉👑
アジアの玄関口としてもますます注目されている博多港の役割を
小学生が“新聞記者”になりきって、一日特派員にチャレンジしました(`・ω・´)✨

 

まずはお勉強☆

毎日新聞社の協力のもと、実際の新聞記者から取材のコツをレクチャー✍️💡
「上手く書こうとしなくていいよ。港で働いている人たちは、みなさんの事が大好き。
恥ずかしがらず勇気をもって、どんどん質問しましょう!」
とのエール٩(*˙︶˙*)۶

その後、福岡市港湾空港局の方から、博多港の役割や、年々増え続ける貨物の量、
これからの博多港などについて学びました👓👀📝
実は、日本が海外とモノをやり取りするのに、港湾を使う割合は・・・なんと99.6%
私たちの生活が、港で支えられていることに特派員たちもびっくりです(゚O゚)!

いよいよ取材開始!

特製の取材ノートを手にして、いざ取材開始★!
午前中は、博多港と韓国・釜山を結ぶカメリアラインと、
高速船ビートルのスタッフの方々からお話を伺いました(  ˆoˆ )/( ˆoˆ  )/

船長さん、整備士さん、客室乗務員さん・・・
日本人だけではなく外国人まで、船を動かすのに大勢の方々が携わっているんですね~👷🛳

「鉄の塊なのに、どうして船は浮くの?」といったほのぼの質問から
「クジラやイルカにぶつかったりしない?」
「火事になったらどうするの?」
など、特派員の取材テンションも少しずつ上がっていきます☆

クルーズ船へ潜入!

午後からは、アジアを巡るクルーズ船としては最大級の大きさを誇る
『クアンタム・オブ・ザ・シーズ』を取材📒✏️🏃🏻💨💨
船の全長は347m、福岡・天神の繁華街で例えると、大丸~パルコの距離!
とーーーーってもおっきいんです!o(゚o゚)o

船内にはプールあり、劇場あり、ショッピング街あり・・
見たことのない豪華さに、小学生特派員はみんな大興奮★(((o(  ˆoˆ )o)))

おっとっと💡もちろん取材は忘れてませんよ~☝️♪

普段立ち入ることができない操縦室を特別に見学させてもらいました👀⚓
特派員の質問にひとつひとつ、優しく答えて下さるダンディなキャプテン👨🏻💕
外国人ということで、最初はみんな恥ずかしがっていましたが、
なんと、通訳なしで英語で質問する子ども記者の登場にびっくり!すごいなぁ…
ここから特派員の取材魂がヒートアップします*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*
船のあちこちで働いているスタッフを見つけては、積極的にインタビューを試みる子供たち🌼👍✨
ほんの一日で、ちょっと逞しくなった気がします☆

記事作成

たっぷり取材を終えた後は、記事の作成です📝♪
盛りだくさんの一日、何を書けばいいか迷ってしまう子供たちに
記者さんからのアドバイスは

「一番記憶に残っていることを書けばいいんです。それが伝えたいことだから」

感慨深いメッセージですね・・・!👏(´-` )✨
疲れも見せず、真剣に原稿用紙に向き合う特派員たち。
短時間でてきぱきと仕上げていく記事の出来映えに、記者も感心!!

『特派員に参加する前は、港は魚を捕ったり遊ぶところだと思ってた』
『いろんな大きさや種類の船があると知らなかった』(特派員談)

なお当日書いていただいた記事の中から、優秀な作品は
冬休み前に学校で配られる、「子ども新聞冬号」に掲載される予定です💗
楽しみですねっ☆
参加された皆さん、お疲れ様でした✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

イベント名小学生特派員・福岡の海調査隊
参加人数10人
日程8月1日(火)
場所博多港

レポーター紹介

ミキ(海プロふくおか事務局員兼アンバサダー)
生まれも育ちも福岡。魚釣りも(食べるのも)大好きな女の子です♪    
“海まで5分”のふくおか事務局☆素敵な福岡の海をうっとり眺めては、
みんなに海の魅力をもっともっと知ってもらえるよう、
今日も頑張ります!(‘◇’)ゞ 
ページ上部へ戻る