”福岡の海を守る”海のゆりかご・藻場を守る。

2018-10-2
海と日本PROJECT in ふくおか

宗像市の鐘崎漁港では、
年々アワビなどの水揚げ量が減少しているのだそうです💭
その原因のひとつと考えられているのが「磯焼け」。
海藻を食べる魚やウニが増えすぎて、生態系のバランスが崩れ、
水棲生物のエサとなる「藻場」が縮小しているのだとか・・・😨

鐘崎といえば海女さん🐚💕
春から夏にかけてはアワビをとっていますが、
漁の閑散期となる秋は、ウニなどの食害生物の駆除や、
雑海藻の除去、母藻の供給など、
藻場の再生作業にも取り組んでいるのだそうです🌿

海の環境保全にも取り組みながら、
地域の伝統漁・海女の後継者を育成する、
鐘崎漁協の取り組みを紹介しますっ☺️💫

ぜひ、ご覧下さい📺💡

放送日 10月5日(金)13時55分~
RKB毎日放送 『今日感テレビ』内
         『福岡の海を守る』のコーナーで

レポーター紹介

Wみほ(海プロふくおか事務局委員兼アンバサダー)
海の近くで育ち、小さい頃から毎週海で遊んでいた、
美帆と未歩です♡もちろんお魚を観るのも、食べるのも大好き!
二人のみほが福岡の海の魅力を伝えていきますー!
【美帆】好きな魚:アコウ、イサキ  海で好きな景色:太陽でキラキラ輝く水面
【未歩】好きな魚:のどぐろ、ヒラメ 海で好きな景色:夕焼け

関連リンク

ページ上部へ戻る